fc2ブログ
モモンガと暮らすかけがえのない日々を綴ります。
プロフィール

はくもくれん

Author:はくもくれん
ももんが歴11年!

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR


後悔があるとすれば、亡くなる3ヶ月ほど前、かわらず 寝る前、布団に潜り込んでくる凜子を、珍しく夫が「たまにはいいじゃない」と、朝までそうするよう促してくれたのに「癖になるから…」と、凛子のベッドに移したこと。
あの時は、今後もかわらぬ日々が続くと思っていたから。
今にして想えば、その時を大事に、一緒に寝てやれば良かった。
いつかは終わりが来る生命。
それは自分にも言えること。
前職で総合病院にいた頃は、それが痛いほどわかっていたはずなのに。
どこか、ずっと一緒にいられる…と、日々の慢心が後悔へと繋がる。
12月5日に凜子が虹の橋を渡ってから、11年4ヶ月、毎日 共に暮らした彼女の不在に まるで自分の人生も半分 終えた様な感覚に。
喪失感よりも、更に もう会えない…ということの辛さ。
あの愛くるしい 慕ってくる子が、もう私のこれからの人生に不在。
私自身、人生の旬の時期を 全力で愛した相棒。あんなに一対一で向き合って、精魂込めて 関われるanimalはもうないだろう。私の体力的にも人生の展望的にも。
凜子が唯一無二の存在です。
そう思うと、半ば 自分も、人生の午後への突入を感じるというか、ある意味 若さというライフステージを失ったと捉えている。
あれだけ慈しみ、情が通い合い、関係性を紡いでも、いずれ別れが来る。
周囲は、順番が逆でなくて良かったと慰めてくれる。もちろん、小動物の最期を看取るのは、綺麗事ではなかった。
ただ、こんなに愛して尊い時間を過ごしても、別れが必然で こんなに打ちひしがれるなら、そもそも どうして生命はこの世に生まれて来るのだろう…
いずれ死を迎えたら、どこへ逝くのだろう…
誰も答えを持ち合わせていない問いを胸に、昨日は伊勢神宮へ。
凛ちゃんが他界し しばらくした頃、隕石が伊勢に降ったというニュースがあったので、凛ちゃんかなぁ と。
見つけに行かなきゃ。
何となく、下宮の谷間にある 名もない社の辺りに気配を感じました。
帰り道、鳥居をくぐる時、ふと振り返り この森に居るなら安心だ…と。
不思議な事が起こりました。
身につけていた、ペンダント トップが忽然と姿を消したのです。チェーン部分は、しっかりあるのに。…いつどこで⁈ 夫も狐につままれたようです。
あれは 母から引き継いだ お気に入りのオパール…
凜子 隕石を回収?にいくはずが、大事なものを置いてくることになりました。
何かと私のヘアピンなど、お気に入りアイテムを巣に隠し持っていた凜子。
きっと オパールをそばに置きたくなったのかもしれません。
今頃、ころころ 転がしているのかな?
今も凜子が大好きです。ずっと胸に想っているよ。
いつかまた、逢えるかな☆彡

元気に走っていた頃の凜子↓

202202270648349e4.jpeg
スポンサーサイト




『風が気持ちいい〜!』by 大家さんちの犬。

20200113200347ccc.jpeg


凛ちゃんも、くる病 防止で 日向ぼっこ。
いつもより、今日は長めに甘んじてくれました♪

20200113200554bdd.jpeg

遅寝坊な凛子さん、普段は 飼い主が眠くなる頃に起きてきます…

が!

帰宅後、安室ちゃんLive ブルーレイで 飼い主 ノリノリで 歌っていたら、

20191012154915de8.jpeg


ずざさざーっと 駆け付ける音と共に…

めっちゃ観てる‼︎

20191012155030595.jpeg


こんな事が起こるのは、安室ちゃんLive版 のみです。

201910121551350ec.jpeg


再び ガン見。


年中行事、今年も凛子と一緒に 西日本 南下の旅。

駅までの歩き時間で、凛子がドライアップせぬよう 保冷剤と握手させつつ…

喧騒を掻き分け、やっと 着席、ほっとすると…
『それ、なにー?』と、目を輝かせた 隣席 お婆ちゃん。

『良かった!動物 お好きなら…』と、近くに置くと 躊躇うことなく『ツルツルやわー!』と 撫で撫で。


2019081116354510b.jpeg


瞬時に ウマが合うって お互いにわかるもので。 意気投合し 馴染みかのように 日々の話題に展開。

『忙しいんだわ、もう時間ない!』

腰の曲がった白髪のおばあちゃん…『お仕事、何してるん?』、

『ちょーこく家!』

なんと、三島喜美代 女史であった。

『彫刻いうてもな、いろんな素材で作んねん。ゴミをな…』etc

この前の大英博物館の展示についても、『はいはい、やってたねー!』、『そーなんよ、注文 沢山きて大変やねん』。

私の職業も耳にし、ベーコンの 不気味な絵について大盛上がり。

ただ、『普通じゃいかん。一歩、はみ出さな。
先天的に持ってるセンスがある。
そこに気付いた他者が それを引き出してあげな。
そうやって 示唆したら、私よりも 先を行った子、いるわ』。

それが 桑田 卓郎 氏。
たしかに ググると こりゃ 異彩を放ってる。

『もう今は 嫌な事あっても 悩まんくなったよ。
仕事したりして、すぐに切り替え。
歳のせいかなぁ…若い頃は 違ったなぁ』と穏やかな笑顔。

本質をも語りつつ、随所で 凛子に意識が向くようで、
『動物、好きやねんけど 行き来で世話ができん。神経を向けれない。
この子だけでは満たされないわ。もっと やりたい事 いっぱいよ!やっていきたいけど、時間ない』と、
目を輝かせながら 殻や枠を ひょいっと超えている良い意味での 爆発感。

確かに日々のスケジュールは 私なんかより 忙殺を極め、世界とやり取りしつつ 作品も創り…

おおいに刺激を受けたわけです。
つい半年前も こんな感じで、逸材と遭遇した際、
親友からは『必要な時に 必要な人に 出会うもんだよね』。

コミュニケーションは量より質。一期一会で その後の人生を左右する事だってある。

建設的な エネルギーに 遭遇し、乗り換えまで
スマホを充電器に繋ぐ間さえ無く、喋り過ごせた 感慨深い 帰省の始まり。

凛子、お泊り保育の予定が、当日朝、
預かってくれる予定だった方が 急きょ 難しくなり…
頭 真っ白、思考停止の最中、状況をおもんばかって 快く預かって下さる方、見つかり、
人の情に 胸 熱くなるばかり。


201906091737072ba.jpeg


毎晩、凛子の様子を送ってくれます。

う、うちの子、可愛い‼︎

ってか、我が家にいる時より 茶目っ気ある表情。

20190609173605a4d.jpeg


お泊り保育から 帰還すると、
よほど 楽しかったようで、ウキウキ りん様。
写真は 脱走 3秒前。

20190609173628512.jpeg


飼い主がテレビに夢中になっていても、
ハッと自分でも無意識に振り返ることがあります。

そんな時、きまって 振り返れば奴が見てる!

お口が開いてますよ〜。
// ホーム // 次のページ >>