モモンガと暮らすかけがえのない日々を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、飼い主は植物の生態に興味あり。

開花したジャーマンアイリスと記念撮影。

jya-manairis.jpg

ペットショップのカメレオンのように、凛子も木々を飛び回るような観葉植物空間を
部屋に作るのが夢。

しかし、植物は4億年の歴史の中で、動物からの食害を防ぐべく、
体内に毒を含み、生き残ってきました。

よって、部屋に植物を置く際は、事前にいつも「フクロモモンガ、置く予定の植物、毒性」で検索。
今のところ、9割がた毒性あり。

それを突破したウンベラータとアレカヤシのみ、室内にIN。

南国の植物だけでなく、さらさらとそよぐ細かい葉っぱの木も置きたいなぁ。
しかし、凛子の原産が南国だから当然か。

burige.jpg

大好きなミルワームにむしゃぶりつく凛子。
割り箸を見せただけで条件反射します。

vita.jpg

食後はビタシロップで水分補給。



スポンサーサイト

バラが最盛期と聞き、慌てて凛子と公園へ。

daidaiばら

きりっ!なぜか桜や日本の花ほど、興味を示しません。



pinkバラ

匂いを嗅ぎに行っては、飼い主の腕をとことこ駆けあがって、肩にちょこん。
撮影が難航。
しかたないので、インカメラで自撮りしようにも、
近距離すぎて、灰色の毛しか写りません。



黄色ばら

個人的に、最近、黄色が好きな飼い主。



園bara

夕方にも関わらず、人手、多し。
すれ違う高齢男女集団からは「まあ、可愛い―!リス?!」。
これが京都の伏見稲荷では、「まあ、なんてファッショナブル!」。
大阪のおばちゃん集団からは「んまぁー!可愛いっ」と叫ぶと同時に、お触りの手が伸びてくる→凛子びびる。
名古屋は一般的な距離感で反応。
地域色が出ますね。

深紅バラ

バラと言えば、やはり深紅。
それにしても、写真映りの良い花だなぁ。


  今年も恒例のお花見へ・・・初年は公園を駆け回る小学生男児にビビる様子ありましたが、

  IMG_8778(1).jpg

 桜の香りに反応してか、即座に鷲掴み!


fc2blog_20170409185000c6a.jpg

雪柳には猛ダッシュ。思わず尻尾が上がっています。



fc2blog_2017040918500146b.jpg

タンポポはスル―。


fc2blog_201704091850023c9.jpg

椿には頭から突っ込みました。お鼻に黄色い花粉がついてますぞ。


fc2blog_20170409185004861.jpg

 じーっ。観察中。

 以上、凛子のお花見シリーズでした~。





白い花が好きです。

なかでも、楚々と凛々しく咲く、白木蓮が好き。

満開は1週間前で、盛りは過ぎた感がありますが、
明日の雨で散る前に、そそくさと凛子とお花見に。

hakumoku.jpg

凛子も興味津々。


hakuchu.jpg

根元のお花にチュッ。

hakukurumi.jpg

持参した食料(クルミ)で腹ごしらえしてから帰ります。







 年末年始は恒例の鹿児島へ。
 新幹線の移動も、やや高齢にさしかかった凛ちゃんにはちょっと厳しいかな?!
 実家に着いて、ホッとぐったりの凛子↓

rinkago.jpg

 (PCのブラウザを換えたせいか、なぜか横向き・小サイズでしかアップできず)。

干し芋に夢中の凛子↓

IMG_8145.jpg

上からのアングルは、おでこのお禿げが映っちゃうので、撮らないで~(凛子、心の叫び)。

焼き芋も食べて、凛子、芋の摂取量、激増中。
やはり脂肪・甘みのある食べ物が好物。
ただ、芋にはリンが多く含まれるので、食べ過ぎに注意!
まぁ、旬の時期だけだし、大目に見るか。

モモンガの食事制限といえば、
牛乳もNG。
乳糖を分解できないからだそうです。
確か日本人も分解酵素を持たない人が多し。

最近、飼い主、「和食こそ薬膳」という講座を聴講。
ちょっと、豆乳にシフトしてみようかしら。




// ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。